So-net無料ブログ作成

宮尾登美子「錦」を読みました。帯の龍村(初代 龍村平蔵さんのお話し) [読書]

豪華な帯で有名な「龍村」さん初代のお話しでした。
帯といえば、川島織物も有名で、同じように数百年も続いている老舗かと思いきや、
このお話しによると、龍村平蔵さんは、大阪・南船場にある大店のお家に明治9年(1876年)に生まれた後、家業はなくなり、16歳で一人でほぼゼロから商売を始めたということに驚きました。
波乱万丈な人生のなか、熱心・行動力・審美眼で織物芸術の重要な部分を担った方なのですね。
思いつめたら一心不乱、というのは才能でしょうか。
正倉院宝物裂、法隆寺裂など、名物裂の復元・研究も何年もかけてされそうです。
私が学んだことをざっとまとめると(本当にざっとで、しかも偏っているのですが。)
・幼い頃によい物を見ておくのは財産になる
・「船越間道」(裂地の名前です)も平蔵さんが復元した?!→要確認です。
・着物の帯や、茶入れのお仕覆の裂地は、絹でできているというだけではなく、(絹糸をつくるところだけでも大変ですが)大変な労力と意匠・技術によって作られているのだ!ということ。
・千数百年前の中国で蚕が食べていた桑の葉が固かったので、その蚕から作った絹糸も固く、当時の絹織物をそのまま復元することは難しい・・・など

龍村さんと川島さんのホームページによると、龍村は創業120年、川島織物は170年(江戸時代末の創業)だそうなので、川島織物のほうが50年長いのですね。

先人の努力の賜物をありがたく、大切に使ったり拝見したりさせていただこうと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。